競技かるたの基本的なルール

はじめに

競技かるたでは「小倉百人一首」を使用します。 小倉百人一首は藤原定家が和歌(短歌)を100首集めたものです。 上の句の札と下の句の札があり、上の句を読み上げて、下の句が書かれた札を相手より先に取るという競技です。 勝敗のつけ方は札を取った枚数ではなく、先に自分の陣(自陣)の札をゼロにした方の勝ちとなります。 使用する札は100枚中50枚です。自陣に25枚、敵陣に25枚配置します。 運悪く敵陣の札ばかり読まれたら負けてしまうのでは…? 心配いりません。場に出ている札ならば、読まれた札がたとえ敵陣にあったとしても取ってしまってOKです。 もし敵陣の札を取った場合、敵陣の枚数が減ってしまうので、自陣の札を相手に一枚送ることができます。 これを「送り札」と呼びます。 これで、自陣の札を一枚減らすことができます。

かるたらいふでは、競技かるたのルール覚えておくと良いことあると便利なアイテムなど、競技かるたに関連する内容を紹介しています。 次のページも読んで競技かるたを楽しんでみましょう。 かるたらいふオリジナルのかるた札占いもオススメです。練習試合や大会前に運勢を占ってみましょう。

  • facebook

  • LINE

競技かるたのオススメアイテム

小倉百人一首 歌かるた 標準取札

練習用ジャージ